30.03.2020   緊急声明

 

地球のCrisis

バベルの塔が倒壊しつつある

 

 

今や地球全体の病気

 

病は気からと言われるが、民の心にも緩みがあったのか?

気づいた時が遅かった。

他人の“所為”にしている事態ではない。

 

 

当面の緊急対応策?

 

心静かの視座を持ち続けること

主よ 誠の愛の火を灯して下さい。

愛は広い視点に立つこと

天空から眺める様な心となること

自分の事ばかり思わない事

 

空の鳥を見よう

目的地へと飛ぶ鳩がオリーブの葉を咥えて戻ってきた

飛び去ったはずのカラスが、飢えているエリアに、

餓死寸前母子にパンを運んできた。

 

 

生き残り続ける知恵は真の祈りと信仰だ

 

慌てるな! 恐れるな! 闇の時は必ず 過ぎ去る。

野の花を見て 心を落ちつけ

空を仰いで 心の歌を唄おう

   12.03.2020   地球の病と闘います

 

   古い時は終わり、新しい時が来る

   鶯の声が素晴らしい。新しい春が来る

   復活祭も来る。

 

  今や休息か? 病床か、それは世間だ、国会だ。

  強きもの、権力者、強欲者は慌ててる

  

  主を信じる者らは耐える智慧がある

  本当の祈りを知ってるから

  それは、自己存在を意識して、 無力の自分を責めないで

  ジッと、静かに時を受け止められるから

 

  歌おう! 歌おう! 歌おう 心に浮かぶ言葉から。

  自分が作曲家のように

  声を出して楽しもう

 

  ニュースを聞いて無駄な心配をするよりも

 

  終わりが新しい始まりだった。

  世間の報道に迷わされるよりも

      祈りましょう。神の言葉を使って

  傍にある聖書を開いて詩編を初めから朗誦しよう

 

03.03.2020

地 球 空 間 感染症(最終回)

 

恐ろしいウィルスが蔓延してしまった

知らず知らずの内に 運び役を担ってしまう

無感覚、無意識の危険

病のない屈強な健康の人は罹らない

弱者に迫るリスク

私は、薬のない肺炎に罹かってる

気を配るしかない

 

自分だけが助かる道はない

オー マイ ゴッド 私の神さま 助けて!

と、願っても 誰も手伝えない。

本当の神は特定な人だけを救わない。

 

決して冷たいのではない

あらゆる命の営みは 神の手から離れているから

 

神の声との直通電話はない、

光通信もできない ーーー 光も被造物だ

 

世の災いは人類が作りだしたのだ

創造主の計画を踏みにじったのは人だ

責めても始まらない

悲しい

そう思うならどうするの?

何もできません。

そうだね。任せるしかないのかな?

 

任せるって ‥ 何にもしない事とではないよ!

自分自身と

静かに 静かに 肩の力を抜いて

黙って 黙って

自分の息を確かめる事だよ(詩篇46篇11節参照)

 

だけどもね! 神様は何もしてくれいないよ!

無力ですよ!

無力なことに立ち向かう知恵は「息の祈り」

心の中にも 呼吸の中にも入れないようにしているのは自分自身

あなただからね!

 

新型コロナ感染症は どこまで いつまで 続くのか?

 

政治、行政に頼る前に 自己防衛に心を配るしかないのか!

02.03.2020

地 球 空 間 感染症

 

主日のミサのない日曜日

教会としては 寂しい限りです

しかし 今は感情論を語る時ではありません

生命の大切さを一人ひとりが、受け止める時です。

感染を広げないためには、

可能性のある空間は万全の体制を取るはずです。

 

カトリック教会は、会員制組織ではありません。

何方でも気楽に参加できる祭儀です。

万が一でも危険性のある集いはやめるのもやむを得ません。

しかし、祈りをやめた訳ではありません。

 

祈りには様々な方法があります。

四旬節です。

イエス自身が山に篭って祈りに専念した時期です。

冷静に現実を直視し 内も外も よく調べる時です

 

人類史には様々な危機がありました。

自然災害、戦争、飢饉など無数の命が失われた事実があります。

ペストなどいくつもの病気もありました。

その点 日本は感染症問題にあまりに無関心です。

多くの識者は何年も以前から、

21世紀の最大の問題として感染症を上げていました。

日本はあまりに衛生面が清潔すぎたからでしょうか?

全くの備えが無かったので、

官邸などは慌てふためいて、

後手だか先手だか、全く理解不能な対策に終始しています。

 

とにかく、慌てず、落ち着いて行動に注意し、

うつされず、うつさない、心構えしかありません。

 

落ち着いて天に向かって祈りましょう。

今日は数名ですが、ルルドの庭で祈っていました。

 

 

 

 

 

28.02.2020

 

地 球 空 間 感染症

 

どこにあるかも知れないウィルス

見えない敵と戦う知恵を探そう

自分の言葉は見当たらない。

さあ!

詩篇の言葉で歌いましょう

「教会の祈り」を開きましょう。

祈りの手帳を見ましょう

教会の集い中止です。感染経路を少しでも減らすためです。

自分は大丈夫と思う人こそ、危険です。

それより 一人でもできる祈りを見つけましょう。

世田谷教会では、聖堂でも ルルドの庭でも

お祈りできます。