「カリタス下北沢 ソーラー市民協同発電所」


下北沢にあるカトリック世田谷教会に、2013年6月18日、
市民の協同により、10.01kwのソーラー発電所を設営しました。



発電量の履歴


2015年9月の発電レポート

10月になりました。初雪の便りも届き始めました。
東京も朝晩の気温が下がり、秋の深まりを感じることができますね。

遅くなりまして申し訳ありません。
先月9月のカリタス下北沢の発電状況をご報告します。
9月:686kWh(昨年:830kWh 82.6%)

先月の上旬に発生した台風18号による平成27年9月関東・東北豪雨では
大変な被害が出てしまいました。
被害に遭われました皆さまにお見舞い申し上げます。
東京の9月全体を見ても、月の半分は雨を観測。
発電状況も厳しいものとなりました。

また、8月分(8/5~9/ 3)の売電金額は
771 kWh:33,307 円
東京電力より振り込まれております。


【発電豆知識】 ~今回の災害での太陽光発電の問題など~

太陽光発電への逆風が吹いているようです。
最近でも太陽光発電に伴う災害の報道が相次ぎ、話題となりました。
茨城県鬼怒川の越水、そして九州での台風でのパネルの飛散事故です。

多くの報道があったかと思いますが、よくまとめられている記事に下記があります。
(以下、無料の会員登録が必要な場合があります)

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/091300309/?rt=nocnt
鬼怒川の氾濫で太陽光設備が浸水、建設時の工事に問題視も

堤防が「決壊」したのは、もっと下流の別の場所なのですが、
自然の堤防のようだった丘を2メーターほど削ったところから
水が越えてきた「越水」という災害です。

この災害に関して、設置業者と行政との間で非難の応酬のようなことまで始まっています。

http://www.nikkansports.com/general/news/1538297.html
常総ソーラー業者正式手続き主張 市の対応に訴訟も

http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/kyoku_00000732.html
国土交通省 - 鬼怒川左岸25.35キロ付近(常総市若宮戸地先)に係る報道について


その直前の8月25日には、九州を中心とした地域での記録的な台風の被害も報告されました。

http://mainichi.jp/select/news/20151004k0000m040089000c.html
太陽光発電施設:台風で飛散、民家直撃 国が被害調査

太陽光発電を広めることで、環境との調和をはかったり、
市民のエネルギー自治を目指す立場としては非常にショックな事故でした。
改めて、気をつけていかなければならないと心しました。

さて、この二例を見ると、太陽光発電設置に伴う造成、及び、
太陽電池モジュールを支える架台や留め金に問題があったことがわかります。

太陽電池モジュール自体の問題ではなく、その周辺設備の問題であったのです。
すると、対策としては、住民合意形成や施工基準の厳格化、などとなります。
太陽光発電自体というよりもそれを取り巻く社会的合意を得るプロセス、
ルール作りが追いついていない、という課題でした。
ルールや倫理の問題です。
もちろん、これはコストに跳ね返ります。
安全対策や合意形成を厚くするには、設備費用や時間がかかるからです。
が、解決できない問題ではないわけです。

もう一度問い直してみる必要があるのでしょう。
自然エネルギーのはずが自然の山を切り崩したり、森の木をたくさん切って、
設備を設置するのが本当に正しい道なのでしょうか。
地域の住民の合意をもとにすすめてこそ地域のエネルギーなのではないでしょうか。

さて、しかし一方で、太陽電池モジュール自体に起因する問題も、
今回の水害でクローズアップされました。

太陽光発電協会(JPEA)の注意
http://www.jpea.gr.jp/pdf/t150911.pdf
太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について

太陽光発電は光が当たれば発電してしまうわけですから、
そこに繋がれた電線が万一水に浸かって漏電したとすると、
感電事故や火災事故に繋がりかねません。

これは太陽光発電のパネルそのものに内在する問題なので、
解決が大変難しいのです。
太陽光パネル自体には、発電を止める能力がありません。
JPEAより、専門的なものですが次のようなガイドラインが出ています。
http://www.jpea.gr.jp/pdf/t151009.pdf

基本的には、専門家以外は近くに立ち寄らないようにする、
作業をする際は絶縁の手袋や靴などを用いること、
可能ならば、パネルにカバーをかけて、日光が当たらないようにする、ということです。

このように、自然に優しいという触れ込みの太陽光発電も、
まだまだ色んな課題を抱えています。

それはもちろん、太陽光発電だけに限らず、原子力はもちろん、
火力でも水力でも地熱でも同じようにそれぞれの危険性と解決すべき課題が
残っています。

ですので、本当に重要なことは、やはり、
いまある電気を他のものに置き換えるという方向性だけではなくて
そもそも電気である必要があるのか?という問いかけだと思います。

熱の利用、公共交通の利用、木陰や断熱材などを活用した快適な温熱環境の確保、
電気の問題以前に考えるべきこと、やるべきことがたくさんあります。

大きな教えを頂いている建築家の黒岩哲彦さんの「エクセルギーハウス」
とても参考になります。
http://greenz.jp/2014/10/27/exergyhouse/
未来の暮らしのヒントは「エクセルギー」!?建築家・黒岩哲彦さんに聞く、太陽熱や雨水、風の力を活かす暮らしかた

ぜひ目を通してみてください。
(担当:浅輪)
====================================

今月は天気の良い日が続いています。
良い発電量となってくれることを期待しましょう(^^)




2015年7月の発電レポート

今月は猛暑日からスタートし、8日間連続の35度超え。
立秋を過ぎ、幾分過ごしやすくなったかともいえますが
まだまだ暑い夏が続いています。
みなさま、体調管理にご注意ください。

先月7月のカリタス下北沢の発電状況をご報告します。
7月:1041kWh(昨年:1064kWh 97.8%)

7月上旬はほとんどお日様が出ず、9日間で日照時間25分(7/1~9)という厳しさの中、
梅雨明け後は一転天気が回復し、昨年と同様の発電量となりました。
7月14日には1日の発電量が59.6kWhと
過去最高と同値を出していますので、
3年目を迎えたカリタス下北沢発電所は
しっかりと稼働しております。

また、6月分(6/5~7/6)の売電金額は
907kWh:39,182円
東京電力より振り込まれております。

*********************************************************************
【イベント報告】 担当:浅輪
8月5日、「小金井エクセルギーハウス&江戸の建物ツアー」を
20名ほどの参加者と講師の黒岩哲彦さんと一緒に行いました。

まさに真夏、昼間には35度を超える真夏日でした。
午前はエクセルギーハウスを見学。その様子はHPに。→こちら

午後は、江戸東京たてもの園に移動して、江戸から明治、昭和の様々な建物を
黒岩さんのエクセルギーの視点から訪ね歩きました。

まずは江戸時代の茅葺きの民家です。
茅葺きの屋根は細い管がたくさんあるので、上の20%ぐらいには雨水が残っているそうです。
これは午前に見たエクセルギーハウスと構造が似ています!

測ってみると、屋根の温度は45度であるのに対して、
その裏の天井は31度です。
茅葺き屋根はなんと14度も下げています。
さらに土間の床は水分も含んでいるし、夜中の冷気を蓄えています。
測ると、26.4度です!
室内の気温は約32.3度。
風も通るととても過ごしやすいです。

さらにおもしろかったのは、隣りにあった同じような茅葺き屋根。
こちらも面温度や室温は同じようなものなのに、なぜか暑い。
入り口から外を見ると、日なたの土と日なたの植物。
それに対して、先ほどの家は、大きな木に囲まれて、家の前は日陰になっています。

窓越しで見た緑の率、日陰の率、これが室内での体感温度に影響を与えるのです!
家のまわりに広葉樹の背の高い木をたくさん植えておくだけで(残しておくだけで)、
家の中の体感温度が全然ちがうのです!
まさに、森の中にまちをつくって住む、です。

思い出してみると、アメリカの住宅街などは、大きな木や芝生が残される中に家がありました。
なぜ、日本のまちは、家より背の高い木をどんどん切ってしまって、
酷暑に苦しむ、コンクリートとアスファルトだらけの家やまちをつくっているのでしょうか?

多分、落ち葉のせいです。
落ち葉の掃除をしたくない、そんな理由だけのために、
激しい暑さに苦しむ家をつくり、
そのなかで冷房をかけることによって、まちに熱気を吐き出し続ける、
それが日本のいまのまちです。
家と車にこもることによって、電気とガソリンを多大に利用し、
隣人と会うこともなく、落ち葉掃除を手伝いあったりの関係も築けず、
お互いに落ち葉の文句だけを言いあうコミュニティをつくっているのではないでしょうか。

次に、隣りの昭和の家(2階建て)に行ってみました。
1階の屋根の温度は32.8度くらい。
でも窓や扉などの開口部はなぜか天井辺りまで届いておらず、
天井辺りに熱気がたまり逃げられなくなっているので、居心地が悪いです。
そして、思い切って2階に上がってみました。
みなさんもご経験あるでしょう。
屋根直下の天井は、42度。
余りに暑くて、10秒といられませんでした。。。

そして木造で作られた洋館を見た後、
最後に建築家の前川国男邸にあつまり、広間で自然にみんなで議論が始まりました。
自然と人間のいとなみが重なる暮らし方はどのようなものなのか、
日本の昔の家から学べるところ、それを現代風に改良していくそんな工夫が必要ではないか。などなど。
西洋と日本を融合する近代の家を模索した建築家、前川国男の家で、
自然に誘われるように、黒岩さんと参加者のみなさんの話は続きました。

とても有意義なツアーでした。
こんどは冬ですね。
また、たのしみな会になりそうです。

********************************************************************************

暑い夏を自然の力で快適に過ごしましょう。

NPO会員も募集中です☆

特定非営利活動法人 世田谷みんなのエネルギー
setagaya.energy@gmail.com
090-9965-2374
Setagaya Energy for All 
http://setagaya-energy.jimdo.com/

カリタス下北沢ソーラー市民協同発電所 概要

カトリック世田谷教会は、地域の拠り所として、
フリーマーケットや、復興支援の下北沢あおぞらマルシェなど
様々な地域イベントの開催の場となってきました。
http://tokyo.catholic.jp/text/shokyoku/setagaya.htm

また、緑多い庭と歴史ある聖堂は、
活気に満ちた下北沢の街と静かな住宅街のあいだのオアシスとして、
市民の憩いの場となってきました。
また、災害時には一時避難所ともなります。

その記念すべき場所に、市民有志の賛助によって、
地域からのエネルギーシフトへの大きな一歩となる、
市民協同発電所を設立しました。

教会信徒を初めとする有志のみなさんでつくられた

市民活動支援団体「カリタス下北沢」

による協同事業になります。

 

事業主体:任意団体 カリタス下北沢(市民活動支援団体)

保守管理:世田谷みんなのエネルギーに委託

場所:カトリック世田谷教会  信徒会館(世田谷区北沢1-45−12)
発電能力:10.01kW 太陽光発電 (シャープND-193ND-193CA 52枚) 

設置業者:株式会社 大三洋行

費用:約400万円(設備費用 380万円 初期手数料 20万円(相談料、接続手数料、交通費、消耗品料、他雑費))

資金:賛助金 約100万円、私募債 約200万円、市民信託 約100万円
設置日:2013年6月10−11日
発電開始日:2013年6月17日